2012年 第48回七夕賞 レース後のコメント

      2012/08/06

2012年 七夕賞 アスカクリチャン

福島11Rの七夕賞(3歳以上GIII・芝2000m)は、14番人気アスカクリチャン(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒1。ハナ差の2着に1番人気トーセンラーが、半馬身差の3着に7番人気ミキノバンジョーがそれぞれ入線。

アスカクリチャンは栗東・須貝尚介厩舎の5歳牡馬で、父スターリングローズ、母ローレルワルツ(母の父ダイナレター)。通算成績は25戦6勝となった。

【レース後のコメント】

1着 アスカクリチャン 内田博幸騎手
「いい位置で走れて斤量も重くなかったですし、マイルを使っているのでスピードも持っています。手応えもよく、直線に向いてからよく伸びてくれました。最後、いい脚で来た馬がいましたが、何とか残してくれと思いながら追っていましたが、馬がよくがんばってくれました」

須貝尚介調教師のコメント
「早くからこのレースを使うことを決めていました。心肺能力が高い馬なので、距離が長くなっても大丈夫だと考えていました。内田騎手は初めて乗るので、乗りやすい馬で、長くいい脚を使う馬だと伝えておいたのですが、うまく乗ってくれました」

2着 トーセンラー 岩田康誠騎手
「外へ出すタイミングが遅れてしまい、馬群の中に閉じ込められてから大外に出しました。せめてコースの真ん中ぐらいを通っていれば、と思います。馬の状態はすごくよかっただけに残念です」

3着 ミキノバンジョー 太宰啓介騎手
「楽にハナに立つことができて、道中もずっと楽に行けました。最後はギリギリまでがんばってくれましたが、道中で左前を落鉄していたのが残念です。それでも、どんな距離でもがんばってくれる馬です」

4着 ケイアイドウソジン 石橋脩騎手
「大外枠で2番手からの競馬でしたが、レースの流れにうまく乗って、楽に追走できました。直線に入ってからもう一回ハミを取ってくれたので、もしかしてと思ったぐらいです。やはり力はありますね」

5着 ニシノメイゲツ 田中勝春騎手
「うまく流れに乗っていけました。道中はジッとしていましたが、瞬発力がここでは少し足りないのでしょうか。ジリッぽい感じでした。競馬の形としては最高でした」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 七夕賞 , , ,