【小倉記念】レースを終えて…関係者談話

   

浜中騎手(ニューダイナスティ4着) 「よく頑張ってくれました。前が流れていたし、勝ち馬の後ろで雰囲気もよかった」

武幸騎手(ローゼンケーニッヒ5着) 「自分のペースで走れていた。最後も外からよく伸びてくれた」

川田騎手(ラストインパクト6着) 「スムーズな競馬はできましたが、3コーナーで手応えが怪しくなりました」

松山騎手(ダコール7着) 「一瞬、いい脚は使ってくれましたが…。重い馬場より良馬場で走らせたかった」

高倉騎手(マデイラ8着) 「掛かっても問題ないと思ってテンから出していったが、あまり進んでくれなかった」

小牧騎手(タガノグーフォ9着) 「ゲートを出る瞬間に暴れて後手に回ったのが響いた。道悪もよくない」

畑端騎手(オートドラゴン11着) 「思った以上に前に行けた。最後は馬場がこたえた」

酒井騎手(タムロスカイ12着) 「直線で穴ぼこに脚を突っ込み、戦意をなくしたようです」

幸騎手(ミキノバンジョー13着) 「3、4コーナーでノメりだして…」

中井騎手(カネトシディオス14着) 「3、4コーナーで馬場に脚をとられていた」

レースを終えて…関係者談話 - サンケイスポーツ

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - お知らせ ,