函館記念の歴史

出来事
1965年 4歳(現3歳)以上のハンデキャップによる重賞競走・函館記念が創設。第1回は函館競馬場の芝2400mで施行。
1966年 名称を農林省賞典函館記念に変更。
1968年 施行距離を現在の芝2000mに変更。
リュウズキが当競走初となる連覇を達成。
矢倉玉男が調教師として当競走初となる連覇を達成。
1975年 ツキサムホマレが当競走2頭目となる連覇を達成。
元石孝雄が調教師として当競走2人目となる連覇を達成。
横山富雄が騎手として初となる連覇を達成[1]。
1978年 農林省の名称変更により農林水産省賞典函館記念に変更。
混合競走に指定。
1984年 グレード制施行によりGIIIに格付け。
1985年 ウインザーノットが当競走3頭目となる連覇を達成。
高松邦男が調教師として当競走3人目となる連覇を達成。
柴田政人が騎手として2人目となる連覇を達成。
1988年 サッカーボーイが優勝。この時の優勝タイム1分57秒8は、当時芝2000mの日本レコードとなった。
1994年 負担重量を別定に変更。
函館競馬場の施設改修工事に伴い、札幌競馬場の芝2000mで施行。
1995年 藤田伸二が騎手として史上初の3連覇。
1996年 「函館競馬場100周年記念」の副称を付けられて施行。
特別指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。
1位入線のマイヨジョンヌが進路妨害により4着に降着。
1997年 特別指定交流競走から除外。
負担重量をハンデキャップに戻す。
1998年 特別指定交流競走に再び指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。
2001年 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
2004年 薄暮競走実施により北海道主場においての最終競走の発走時刻を17時10分に設定したことに伴い、本競走の競走番号を第11競走から第9競走に変更。
「日本中央競馬会創立50周年記念」の副称を付けられて施行。
2006年 「サマー2000シリーズ」第2戦に組み込まれる。
2007年 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、重賞格付け表記をJpnIIIに変更。
エリモハリアーが競走馬として史上初の3連覇。
田所秀孝が調教師として史上初の3連覇。
2009年 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は8頭まで出走可能となる。それに伴い、重賞格付け表記をGIIIに戻す。
函館競馬場のスタンド改修工事に伴い、札幌競馬場の芝2000mで施行。
2010年 ダグラス・ホワイトが外国人騎手として初の当競走制覇。
2011年 東日本大震災の影響による薄暮開催の中止に伴い、第11競走として施行。
2012年 JRA2連福対象競走に指定。
「近代競馬150周年記念」の副称を付けられて施行。
夏季競馬の開催日割変更に伴い、開催時期を1週早める。また、夏の函館競馬開催を締める重賞競走となる。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/06/12