新潟記念の歴史

出来事
1965年 4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップの重賞競走・新潟記念が創設され、新潟競馬場・芝2000mで施行された。
1966年 名称を農林省賞典新潟記念に変更。
1978年 農林省の名称変更により農林水産省賞典新潟記念に変更。
1984年 グレード制によりGIIIに格付け。
1988年 増沢末夫が騎手として史上初の連覇。
鈴木康弘が調教師として史上初の連覇。
1995年 混合競走に指定。
1996年 福島競馬場の改修工事による振替開催により、中山競馬場の芝2000mで施行。
1998年 特別指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。
2000年 新潟競馬場の改修工事により、中山競馬場の芝2000mで施行。
2001年 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
新コース完成に伴い、左・外回りコースに変更される。
2004年 当年のみ、JRAゴールデンジュビリーキャンペーンの一環として日本中央競馬会創立50周年記念の副題がつく。
2006年 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は5頭まで出走可能となる。
サマー2000シリーズの最終戦に組み込まれる。
2007年 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が9頭に拡大。
馬インフルエンザの影響により中央競馬所属馬のみで施行。
馬インフルエンザの影響による札幌記念の延期でサマー2000シリーズ第4戦として施行。
2011年 ナリタクリスタルが史上初の連覇。
木原一良が調教師として2人目の連覇。
2012年 開催時期を新潟2歳ステークスと交換。新潟競馬夏季開催を締める重賞競走となる。
JRA2連福対象競走に指定。
近代競馬150周年記念の副称を付けて施行。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/06/04