七夕賞 コースの特徴

【福島競馬場 芝2,000mの特徴】
七夕賞レースコース
 スタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。単純に芝1800mのスタート地点が200m右へスライドしたところで、最初の1コーナーまでの距離は約405m(Aコース時)。1~2コーナーの中間までは上り坂。その後は内回りコースに入り、向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短。なおかつ、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。
なお、仮柵によるコース設定はA、B、Cの3パターン。最初のコーナーまでの距離が十分ある上、途中1度目の急坂があるので、前半からペースはさほど速くならない。1~2コーナーまではゆったり流れ、向正面に入るとペースアップ。3コーナーの残り600m地点からラストスパートに入る。最後の直線に入ると2度目の急坂により、最後の1ハロンの時計がグッとかかる。他場の2000mよりもタフなレースになりやすくスタミナを要する。勝ち時計も2分を切りにくい。

【有利な脚質と枠順】
スロー~平均ペースで流れれば逃げ、先行勢が圧倒的に有利なコース。前半の先行争いが激しくなり、ハイペースになった時のみ派手な追い込み、大外一気が決まる。枠順は内枠が有利。外枠は多頭数になるにつれて厳しくなる。

【種牡馬成績】
アドマイヤベガ、アグネスタキオン、ステイゴールドらを中心にヘイロー系の勝ち鞍は多い。しかし、フジキセキ、マーベラスサンデーは成績が悪いし、オペラハウス、キングカメハメハ、ホワイトマズル、ブライアンズタイムなど、割って入り上位にランクされる他系統の種牡馬もいる。

【クラス別水準ラップ(3F-4F-3F)と勝ち時計】
2歳OP特別・重賞(35.6-49.9-36.0=2.01.5)
3歳以上500万(36.6-49.3-35.8=2.01.7)
3歳以上1000万(36.5-49.1-35.8=2.01.4)
3歳以上準OP・OP特別(35.9-48.5-35.5=1.59.9)
3歳以上重賞(36.2-48.7-35.5=2.00.4)

平均勝ち時計が3歳以上重賞より3歳以上準OP・OP特別のほうが速くなっているのは、これは紫苑SやレインボーSなどの準OP・OPのレースが、時計が最も出やすい秋開催に組まれているからである。一方、重賞である中山金杯と京成杯は冬場のレース(1月)となっており、3月に施行される弥生賞はスローペースになりやすいため時計が遅くなりがちと、時計が出にくい要素を抱えているためである。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/06/12