七夕賞の歴史

出来事
1965年 福島競馬場の芝1800mの4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走・七夕賞として創設。
1971年 岡部幸雄が騎手として史上初の連覇。
1972年 負担重量を別定重量に変更。
1974年 新潟競馬場の芝1800mで施行。
負担重量をハンデキャップに戻す。
1975年 開催時期を10月に変更。
1976年 名称を東北記念(とうほくきねん)に変更。
1978年 鈴木清が調教師として史上初の連覇。
1980年 開催時期を再び7月に移し、名称を七夕賞に戻す。
施行距離を現在の芝2000mに変更。
1983年 岡部幸雄が騎手として2度目の連覇。
1984年 グレード制施行によりGIIIに格付け。
1989年 福島競馬場の改修工事により新潟競馬場の芝2000mで施行。
1995年 混合競走に指定。
1996年 福島競馬場の改修工事により中山競馬場の芝2000mで施行。
宝塚記念との同日開催を避けるため、この年から1999年までは土曜日開催となった。
2000年 新潟競馬場の改修工事による振替開催により東京競馬場の芝2000mで施行。
2001年 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
本年のみ福島県内でうつくしま未来博の開催により、うつくしま未来博開催記念の副称が付く。
2002年 特別指定交流競走に指定され、地方所属馬は2頭まで出走可能となる。
2003年 田中勝春が騎手として2人目、3回目の連覇。
2004年 本年のみJRAゴールデンジュビリーキャンペーンの一環として、日本中央競馬創立50周年記念の副称が付く。
2006年 混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。
サマー2000シリーズに指定。
2007年 日本のパートI国昇格に伴い、外国調教馬の出走枠が8頭に拡大。
2009年 ミヤビランベリが史上初の連覇。
加藤敬二が調教師として史上2人目の連覇。
2010年 サンライズベガとバトルバニヤンが3着同着。
2011年 東日本大震災の影響による福島競馬の開催中止に伴い、中山競馬場の芝2000m(Cコース使用)で施行し、フルゲートも17頭に変更。
正賞である福島県知事賞と福島商工会議所会頭賞の寄贈を本年のみ取り止め。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日:
最終更新日:2012/06/12