七夕賞 レース概要

本レースは1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走として創設され、第1回は福島競馬場の芝1800mで施行された。

1972年と1973年のみ負担重量を別定に変更し、1975年からは10月の秋季開催に移動され、名称が季節にそぐわないとの事で翌1976年からは「東北記念」と競走名が変更されている。その後、1980年からは再び夏季開催になったため、名称を「七夕賞」に戻し、施行距離を芝2000mへと変更した。

1984年からはグレード制施行によりGIIIに指定され、1995年からは混合競走に指定、外国産馬が出走可能になり、2002年からは特別指定競走に指定、JRAに認定を受けた地方所属の競走馬が出走可能になった。2006年からは混合競走から国際競走に変更され、サマー2000シリーズに指定された。

七夕賞は夏季開催における福島競馬場の名物競走だが、1978年にカミノハヤブサが優勝したのを最後に1979年から2004年までの26年間、「日本一単勝1番人気馬が勝てない重賞競走」で知られていた。
しかし2005年にダイワレイダースが優勝したことにより、この記録には終止符が打たれることになった。

七夕賞
■ 開催地 福島競馬場
■ 格付け GIII
■ 距離 芝2,000m
■ 賞金内訳 1着:4000万円 2着:1700万円 3着:1100万円 4着:650万円 5着:430万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳(旧4歳)以上で、施行日当日の1週前から過去1年前までの期間内に1回以上出走のJRA所属の競走馬、JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(8頭まで)
■ 負担重量 ハンデキャップ

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

公開日: